任意保険はどちらか一方のみとなります

一般的に任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは別に自賠責保険だけではまかなえない補償を考慮している必要性の高い保険です。

この任意保険の注意点は自賠責保険の上乗せ保険として機能しますので自動車損害賠償責任保険の限度額を超えた場合に登場します。

それから自賠責保険だけでは物的損害については補償を受けることができないので、物に対する損害を補う際には任意保険にも加入しておくのがいいと思います。

もう任意保険の保険料を納めているマイカーを乗り換える場合は、国産車でもドイツ車というようなことは例外なく残金が還付されます。

これは日本の車についても例外ではありません。

自動車損害賠償責任保険の場合は、一般的には加入したままでいるのが常識になっていますが任意保険は全ての人が入るものではありませんから契約解除をすることになります。

また、契約解除後は、今現在 納付済みの残金が返ってくるということになります。

自動車売買が決まった場合でもすぐに任意保険をキャンセルするのは危険です。

当たり前ですが即中途解約すればそれだけ還付されるお金は増加しますがもしかしたら中古車買取店が離れた場所にあり、自分で運んで行くような際は任意保険なしで運転をする必要があります。

万が一のリスクに備えて、万が一にもこの先自分が車の運転をすることはない状況になる時まで任意保険の契約の解除はされないようにする必要があります。

自動車を買い取ってもらってすぐ他の車種を買うケースであれば構わないですがもしずっと乗らない状態が継続して任意保険の意味がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない時が存在する場合以前に入っていた時の保険の等級が下がり保険料の額が上がることがあります。

こういった状況は「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」があれば最長で10年は中断前の保険の等級を引き継ぐことができます。

また13ヶ月以内でしたら出してもらうことができるので、もしすでに手放していて「中断証明書」というものを発行してもらっていないのならばその保険会社や代理店にその旨をお伝えください。

あなたが新たにクルマを購入してその後前に持っていた車を査定に出すのならば、任意保険はどちらか一方のみとなります。

保険の変更ですから運転しなければならない車ならば買取の際まで注意しましょう。

さらに、任意保険という保険は車の種類などによって保険料が変わりますからクルマ引き取りの際は任意保険の保険料をチェックしてみる良いタイミングといえます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.scootersandcyclesinc.com All Rights Reserved.