www.scootersandcyclesinc.com

初めて売買する時という段階では第一に準備をサボってはいけません。相場に入る前であれば、相場を合理的に観察する事ができる余地があります。だけれども、いっぺんトレードの中へ踏み込んでしまうと、どうあがいても見解が独りよがりになってしまい適切な考え方が出来なくなる。不安があります。だから自分の頭の中が理性的な段階できちっと準備が重要です。この”準備”とは、自分だけの筋書きを描くことからスタートする。今からのマーケットはこうなるだろうから円を売る(あるいは買う)というような、自分の物語を描いていきます。次は日足チャートをチェックしよう。それまでの為替レートの上げ下げを見て今現在の値段を確認します。そうすると、「今日はだいぶ行き過ぎたレベルにあるな」とか、もしくは「大多数の投資家が勝負している、これから自分が取引してもすでに間に合わないな」ということが分かってきます。当たり前ですがもはや売買するのが遅いと考えたならば、何もせず、ここはすっぱりと割り切ることが必要です。どう工夫しても自らの脚本を譲らずに無理やり注文すると、相場にやられてしまい逆にマイナスになる危険性があります。そうは言ってもたいがいの場合では、緻密な自分の脚本を作っているとすれば、エントリーが間に合わないなというケースにはならないだろう。リアルに市場が動意づく前の状態のはずだからです。更に、差し当たり自身がとろうと思っている通貨の上下動を、ちゃんと確かめる事が不可欠です。例えばドル高になると推測するシナリオを記したのであれば、ドルの上下動に注目する事が大事です。外国為替相場の動きを注意を払い始めた状況ではまだまだ誰の眼にも明らかに動く気配を見せることなく、上や下に小さな動きを繰り返しているだけだろう。でも、その推移をじっと調べているとあるところでじりじりと円安の方向へと外国為替相場が推移し始めます。この場面でようやくドル円の取引します。普通、ここまで十分に事前の準備さえしておけばそのエントリーで勝てる確率は割合大きくなるはずです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.scootersandcyclesinc.com All Rights Reserved.